Exness(エクスネス)の良い評判や悪い評判・実際に使ってみた感想

TOP

日本人にかなりの人気があるExness(エクスネス)。

今回は良い評判と悪い評判を、Exness歴5年の筆者がまとめてみました。

筆者が実際に、1番愛用している海外FX業者がExnessです。

普段使っている業者を詳しく説明したいと思います。

Exnessの良い評判

Exnessの良い評判はこちらです。

良い評判

①ロスカット水準0%で追証なし

②最大レバレッジ21億倍

③少額から入金可能

④海外FX業者の中でスプレッドが狭い

⑤全銘柄でストップレベル0

⑥人気銘柄でスワップフリー

⑦安全性・信頼性がある

⑧日本語に対応している

⑨ポジション保有中でも資金移動や出金が出来る

良い評判①:ロスカット水準0%で追証なし

Exnessでは、ロスカット水準が0%でゼロカットシステムを採用しているため、追証がありません。

国内FX口座などでは、証拠金維持率を口座資金が下回った場合に追加入金する必要があります。

しかし、Exnessではゼロカットシステムを採用しているため、追加入金する必要がないため借金になる心配もなく安心して取引が出来ます。

海外FX業者でも、ロスカット水準が0%という業者は少なく、大体は20%以上のことが多いです。

ロスカット水準が低ければ低いほど、含み損に耐えやすいというメリットがあります。

そして、ハイレバトレードをする方や、スキャルピングをする方にとってはロスカット水準は低い方が嬉しいです。

Exnessは、ハイレバトレードをする場合には最高の業者と言えます。

良い評判②:最大レバレッジ21億倍

Exnessでは、最大レバレッジが21億倍(実質無制限)となっています。

少ない資金で大きくロットを張ることが出来るため、資金効率は海外FXで1番良いです。

ロスカット水準も0%で追証なしのため、自分の口座の資金を全額かけて最大限にロットを張る極限ギャンブルトレードも可能です(笑)

もちろん、スキャルピングやハイレバトレードを行う人にとってもかなり嬉しいレバレッジだと思います。

デイトレードやスイングトレードをメインに行う場合には、自分自身でロットを制限する必要があるため、中級者・上級者向けの業者だと個人的には思います。

良い評判③:少額から入金できる

Exnessでは、ほとんどの入金方法で10ドルから入金することが出来ます。

10ドルからでも、レバレッジ21億倍やロスカット水準0%を利用すれば幅広いトレードを行うことが出来て上手くいけば大きく稼ぐことも出来ます。

国内FXでは、4万ほど入金しなければ取引が出来なかったりする業者も存在するので、少額から入金出来て取引が出来るExnessは非常に優秀だと思います。

良い評判④:海外FX業者の中でスプレッドが狭い

Exnessは、他の海外FX業者と比べてもスプレッドは最狭レベルです。

最大レバレッジが21億倍だったり、ロスカット水準が0%だったり、スプレッドが狭かったり・・・

トレーダーにとってメリットしかありません!!

スプレッドが狭いExnessでは、スキャルピングなどの短期売買でのコストを他の業者よりも抑えることが出来ます。

1回のトレードでは、スプレッドの差はあまり感じられませんが、「塵も積もれば山となる」

この言葉のように短期で何回もトレードをしていると、気が付いたらかなりのコストになっています。

Exnessはスプレッドが非常に狭いため、短期売買もオススメ出来ます!!

良い評判⑤:全銘柄でストップレベル0

Exnessでは、全銘柄でストップレベルが0となっています。

ストップレベルとは、予約注文する際に最低限、離さないといけない値幅のことで

ストップレベルは低ければ低いほどトレードに有利です。

米ドル/円が140円の時にストップレベルが5.0pipsの場合

140円から5.0pips離れた価格じゃないと予約注文出来ないので、140.050円以上か139.950円以下の価格からになります。

Exnessでは、全銘柄ストップレベルが0なので取引をする上でかなり有利といえます。

ぺぺ
ぺぺ

予約注文とは、損切り設定や利確確定など自動で注文決済されるシステムです。

良い評判⑥:人気銘柄でスワップフリー

Exnessでは、条件を満たすことで主要通貨がスワップフリーになります。

初期状態からスワップフリーのものもあります。

初期状態からスワップフリーの銘柄

・インデックス全銘柄

・株式全銘柄

・仮想通貨全銘柄

そして、取引量が一定以上になると為替の主要通貨もスワップフリーになります。

短期売買がメインの人はあまり気にしなくてもいいですが、長期売買をメインにする人にとっては、マイナススワップは付いて欲しくないと思います。

しかし、プラススワップも付かないため、状況に応じて他の業者も利用すると良いかもしれません。

良い評判⑦:安全性・信頼性がある

Exnessは、グループ全体で計8つの金融ライセンスを保有しています。

主な金融ライセンスは

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号「178/12」

・英国金融行動監視機構(FCA):ライセンス番号「730729」

・セイシャル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号「SD025」

・南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA):ライセンス番号「51024」

特に、英国金融行動監視機構(FCA)キプロス証券取引委員会(CySEC)は、世界でトップレベルに取得が難しい金融ライセンスです。

上記2つのライセンスを所持しているExnessは、安全性・信頼性はとても高いと言えます。

良い評判⑧:日本語に対応している

Exnessは、ほとんどの場面で日本語に対応しています。

ホームページや口座開設画面も日本に対応していて、特につまづくことなくサクサク進めます。

サポートに問い合わせる時も日本語サポートデスクがあり、全て日本語で対応してくれるため安心して利用が出来ます。

良い評判⑨:ポジション保有中でも資金移動や出金が出来る

Exnessでは、ポジション保有中でも資金移動や出金が出来ます。

これが非常に強力なシステムで、含み益が出ているときに元々口座にあった残高を出金することが出来て、含み益分だけでトレードをすることが可能です。

自分の資金を危険に晒すことなくトレード出来るため、他の海外FXにはない強みだと思います。

ハイレバトレードをする際などでも含み益が出たら元金を出金することでメンタルを正常に保つことが出来ます。

Exnessといえばこのシステムといっても過言ではないほど、Exnessを利用するメリットと言えます。

Exnessの悪い評判

Exnessの悪い評判はこちらです。

悪い評判

①ボーナスがない

②信託保全がない

③クレジットカードがJCBしか使えない

悪い評判①:ボーナスがない

Exnessは、口座開設ボーナスや入金ボーナスがありません。

ボーナスがない分、スプレッドが狭かったり、レバレッジが21億倍だったりします。

初心者トレーダーなどはボーナスを目当てに業者を選ぶ人も多いと思います。

そのため、初心者向けではないのかなと個人的には思います。

自分自身の用途にあった業者を選ぶようにしましょう。

悪い評判②:信託保全がない

Exnessは信託保全がありません。

信託保全とは、会社が破綻したときに投資家の資金を返還してくれるものです。

しかし、Exnessでは分別管理を採用しており、会社運営のお金と投資家たちの資金を別にしています。

財務実績報告でも、Exnessの資産額が顧客の資産額を上回っていることが確認されているため、安全に利用することが出来ると言えます。

しかし、もし万が一会社が破綻した場合には我々の資金を保証してもらうことは出来ません。

悪い評判③:クレジットカードがJCBしか使えない

Exnessでは、クレジットカードでの入金がJCBしか使えません。

しかも、JCBカードでもクレジットカード会社によっては入金が弾かれたり、拒否されたりすることもあります。

そのため、クレジットカードで入金したい人にとってはデメリットだと思います。

銀行送金なども非常にスピーディに入金反映されるので、他の入金方法を考えるようにしましょう。

Exnessを使ってみた感想

筆者はExnessを1番愛用しています。

その理由は、こちらです。

・資金効率が非常に良い

・業者がとても信頼できる

・入出金がスムーズでトラブルもない

とにかく、全てにおいてハイスペックです!!

海外FXを利用するにあたって、各種ボーナスを必要としないならば、Exnessを利用しない理由はないと思います。

筆者が1番オススメ出来る海外FX業者です。

まとめ

Exness(エクスネス)の良い評判・悪い評判についてまとめてみました。

これからExnessを使おうと思っている人や、海外FXが気になっている人の参考になればいいなと思います。

Exnessは非常にハイスペックな海外FX業者です。

筆者も自信を持ってオススメ出来る海外FX業者です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました