【海外FX】スキャルピングとは?スキャルピングにオススメな業者紹介

TOP

この記事では、スキャルピングについて説明しています。

ベテラン億トレーダーの多くがスキャルピングをメインでやっています。

スキャルピングのメリットはたくさんありますので、紹介したいと思います。

最後にスキャルピングにオススメのFX業者を紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください。

スキャルピングとは

FXには様々なトレードスタイルの呼び名があります。

・スキャルピングトレード:超短期売買(数秒~数分)

・デイトレード:短期売買(数十分~1日)

・スイングトレード:中期売買(数日~数週間)

・ポジショントレード:長期売買(数か月~数年)

このように、ポジションを保有している時間で呼び名が変わります。

スキャルピングとは、超短期売買のことで数秒~数分単位でトレードを繰り返す手法のことです。

スキャルピングのメリット

スキャルピングのメリットを紹介したいと思います。

メリット

①超短期取引のため、資金をリスクに晒す時間が少ない

②資金管理がしやすい・資金効率が非常に良い

③メンタルをコントロールしやすい

スキャルピングのメリット①:超短期取引のため、資金をリスクに晒す時間が少ない

スキャルピングは超短期取引なので、資金をリスクに晒している時間が1番短いです。

リスクに晒す時間が長ければ長いほど、相場の急変動などに巻き込まれるリスクも高くなります。

突然の暴騰、暴落で資金を失うリスクを極限まで減らせます。

この点が、スキャルピングをする最大のメリットです。

筆者の周りでも、稼いでいるトレーダーはスキャルピングをしている人がかなり多いです。

スキャルピングのメリット②:資金管理がしやすい・資金効率が非常に良い

スキャルピングは資金管理がしやすく、資金効率が非常に良いです。

資金管理がしやすい理由

スキャルピングは超短期で少ない値幅を狙っていくスタイルなので、損失も限定しやすいからです。

よく、コツコツドカンという言葉を耳にすると思います。

スキャルピングをする時は、想定以上の損失が出たらすぐに損切りすることを心がけてください。

資金効率が良い理由

スキャルピングは超短期でトレードする値幅が少ないので、基本的にはハイレバでトレードします。

初めは、1回のトレードでの利益は少ないかもしれませんが、資金が増えてくると爆発的に資金が増加します。

スキャルピングのメリット③:メンタルをコントロールしやすい

スキャルピングでは、利確も損切りも素早く行うのでメンタル面で安定しやすいです。

損失方向に進んでしまい、損切りが出来ないなどの状況になりにくいのがメリットです。

利確幅はあらかじめ決めておき、想像と違う動きをしたらすぐに損切りをするのがスキャルピングで成功するコツです。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングのデメリットを紹介したいと思います。

デメリット

①トレードに時間を取られる

②スプレッドの影響が大きい

③集中力が必要

スキャルピングのデメリット①:トレードに時間を取られる

スキャルピングは1回の取引時間は短いですが、トレードをしているときは常にチャートを見てないといけません。

副業でFXをしている人や、昼間の少しの時間しかトレードが出来ない人にはオススメ出来ません。

スキャルピングをする上で1番大切なのは、ボラティリティ(値動きの多さ)です。

昼間の時間帯などはボラティリティが少ないので、スキャルピングには向いていません。

スキャルピングをする人は、チャートを見る時間が多い方が有利です。

スキャルピングのデメリット②:スプレッドの影響が大きい

スキャルピングでは、スプレッドの影響がかなり大きいです。

スプレッドとは、1回の取引で取られる手数料のようなもので

取引回数が多いほど手数料を取られることになるので、スプレッドが広い業者を使う場合には注意が必です。

スキャルピングのデメリット③:集中力が必要

スキャルピングは、短いチャンスで少しの値幅を狙っていきます。

そのため、1秒ずれるだけでも利益率が変わってきます。

トレード中は常にチャートに張り付いている必要があるため、集中力がとても必要になります。

トレードに集中できない心境の時や疲れている時は、スキャルピングはしないようにしましょう。

海外FXはスキャルピングに向いている?

ここまではスキャルピングのメリット・デメリットを紹介してきました。

では次に、海外FXはスキャルピングに向いているのかを紹介したいと思います。

海外FXでスキャルピングをするメリットは、国内FXよりもレバレッジが高いので資金効率がいいところです。

反対にデメリットは、海外FXの方が国内FXよりもスプレッドが広いのでコストが大きいところです。

メリットも大きい反面、デメリットも大きいため、好みが分かれると思います。

1回のトレードで大きく稼ぎたいなら、海外FXがオススメです。

しかし、大きく稼ごうとするとリスクも伴うことを忘れないようにして下さい。

スキャルピングにオススメな業者

スキャルピングスキャルピングで取引を行うのに、オススメな業者を紹介したいと思います。

オススメ業者ランキング

1位:XM(KIWAMI極口座)

2位:Exness(プロ口座)

3位:FXGT(PRO口座)

1位:XM(KIWAMI極口座)

XMは2010年に設立された老舗の海外FX業者で、日本人利用者数No.1という実績があります。

運営もしっかりしていて、利用者も多いため非常に安心感があります。

XMの極口座ですが、ドル円のスプレッドが最低0.6pipsと非常にスプレッドが狭くスキャルピングをするのに非常に有利です。

スキャルピングをする際にはあまり関係ないですが、スワップフリーも採用されていて、長期でトレードする際には有利になる場合もあります。

口座開設ボーナスも受け取ることができて、今は期間限定で15,000円分のボーナスを受け取ることが出来ます。

しかし、入金ボーナスは受け取ることが出来ないので、ボーナス目当ての場合はスタンダード口座を使用した方が良いかもしれません。

2位:Exness(プロ口座)

Exnessは世界中で取引量が多い海外FX業者です。

取得難易度の高い金融ライセンスを多数取得しており、日本でも人気のあるとても安心できる業者です。

Exnessの最大の利点は、レバレッジが無制限で資金効率が最強だということです。

スキャルピングをする場合、資金効率が高いほど有利になるので、最大のメリットといえます。

スプレッドも非常に低く取引手数料も無料なため、低コストで取引することが出来ます。

そして、「即時約定」という注文方式を採用しているため、注文したレート以外の注文は全て拒否されます。

そのため、「滑って違うレートでエントリーさせられた」という悲惨なことが無いのもメリットです。

3位:FXGT(PRO口座)

FXGTは2019年に設立された新しい海外FX業者です。

FXGTの強みは、仮想通貨を高いレバレッジで取引できるところです。

PRO口座であれば、ドル円で最低0.8pipsとスプレッドも狭く、取引手数料も無料なので取引コストが低いです。

新しい業者ですが、人気があり利用者もどんどん増えているので安心して利用できます。

スキャルピングをするにあたって、取引コストが低い面では非常に有利です。

まだ口座開設していない人は是非してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました